広告 オーディオブック・Audible

【車通勤の方へ】通勤時間を有効活用するならAudible(オーディブル)がおすすめ

通勤時間を有効活用するならAudibleがおすすめアイキャッチ画像

「通勤時間が無駄に感じる…どうにかして有効活用できないかな?」

 

誰でも一度は、このように考えたことがあると思います。

 

かくいう私も「非生産的かつ無駄な時間の代表格。それが通勤時間」と思っている一人です。

 

そんな私が、よく愛用している勉強ツールが「Audible」です。Audibleとは、プロの声優・ナレーターが本を読み聞かせてくれるサービスのことです。

 

通勤時間にAudibleを使えば、超無駄な時間が「勉強時間」へ早変わりします。

 

本記事では、車通勤にAudibleをおすすめする理由と注意点について解説していきます。

 

記事を読み終える頃には、通勤時間が無駄だと感じているあなたも、Audibleを使いたくなるはずです。それと同時に、運転中にAudibleを使用する注意点についても分かります。

通勤時間を手軽に有効活用。車通勤にAudibleをおすすめする理由

車通勤の際にAudibleをおすすめする理由は、次の3点です。

車通勤にAudibleをおすすめする理由

  • 無駄な通勤時間が「学習時間」へ変わるから
  • 朝の楽しみが増えるから
  • 他の社会人と圧倒的な差がつけられるから

では、それぞれ詳しく解説していきます。

無駄な通勤時間が「学習時間」へ変わるから

冒頭にも述べましたが、車中でAudibleを流すだけで、無駄な通勤時間が有意義な「学習時間」へと変わります。

 

通勤時間が往復で1時間なら、平日は1時間の読書時間を確保できるというわけです。

 

一部の社会人は「勉強したい」「読書をしたい」と考えているものの、「時間がない」という理由で結局諦めてしまいます。

 

多くの社会人が抱える、「時間がない」という悩みを解決するツールがAudibleなのです。

 

「でも運転中の読書って、頭に入らないんじゃないの?」と思うかもしれません。

 

確かに運転中の読書は、通常の読書と比較して集中しづらいというデメリットがあります。

ゆうた
運転中は何よりも「安全運転」を最優先しなければなりません

 

ですが、実際に運転しながらAudibleを聴いてみると意外と頭に入ることが分かります。

 

運転中に音楽を流していても、歌詞やメロディーは耳に入ってきますよね?

 

また、助手席の人と会話をするのも、運転に慣れていれば比較的スムーズに行えるはずです。

 

運転中の「聴く読書」も、似たような感覚です。

 

運転に集中しながらも、本の内容はちゃんと頭に入ってきます。

 

私は「無駄な通勤時間」を過ごすくらいなら、好きな音楽を聴いたりAudibleを聴いたりして、少しでも生産的な時間を作りたいと考えています。

 

面倒な家事はAudibleで超楽になるでも述べましたが、少しでも生産的な時間を作りたい私は、家事でもAudibleをフル活用しています。

 

あれほど無駄に感じた通勤時間が、一瞬にして「学びの時間」に変わりますよ。

朝の楽しみが増えるから

Audibleをおすすめする理由として、朝の楽しみが増えることが挙げられます。

 

例えば、お気に入りのビジネス書から勇気をもらったり、好きな声優の声を聴いて元気をもらったりなどです。

 

朝の通勤時間、特に月曜日の通勤時間って、すごく気分が重くないですか?

 

休み明けですし、週末まで遠いですし、何か少しでも希望があれば、この1週間も頑張れる気がしませんか?

 

私の場合、Audibleでお気に入りのビジネス書を聴きながら、気合いを入れて1日をスタートさせています。

ゆうた
もしくは好きな音楽をループさせて聴きまくっています

あなたも、あなたに元気を与えてくれる作品を聴いて、だるい朝から解放されませんか?

 

Audibleでは、プロの落語家による落語や、声優が読むラノベなどエンタメ色が強い作品も数多く用意されています。

 

朝の時間を憂鬱に過ごしているあなたへ対し、勇気を与えてくれる。

 

そんな作品に出会えるかもしれません。

Audibleの無料体験を始める

他の社会人と圧倒的な差をつけられるから

通勤時間にAudibleをおすすめする理由として、他の社会人と圧倒的な差をつけられることが挙げられます。

 

勉強が楽しいと感じる4つの理由でも触れましたが、そもそも多くの社会人は1日1分の勉強すらしません。つまり、通勤時間にAudibleを聴いて勉強するだけで、他の社会人と圧倒的な差をつけられるというわけです。

 

その差はスキルや年収という形で、私たちの前に姿を現します。

 

社会は意外と単純で、年収が高い人ほど勉強時間が多く、年収が少ない人ほど勉強時間が少ないというデータもあります。

 

せっかく社会に出て仕事をしているのですから、少しでもスキルアップして年収を上げたいと思いませんか?

 

自分の好きなこと・得意なことで副業したり、ゆくゆくは独立したりと考えたことはありませんか?

 

私は「自分のお金は自分の力で稼ぐ」ということに喜びを感じる一人なので、毎日勉強の連続です。

 

嫌々勉強するのではなく、心の底から「楽しい!」と思いながらひたすら勉強しています。

 

その手段の一つが、通勤中のAudibleというわけです。

 

正直、「自分のお金は自分で稼ぐ」という点においては、他の社会人と圧倒的な差をつけている自信があります。

 

日頃勉強していない人ほど、「自分の力でお金を稼ぐのは難しい」と考えがちです。

ゆうた
気づいていない人が本当に多いのですが、勉強して学んだことを実践すれば、自分の力で稼ぐのはそこまで難しくありません。

 

勉強している社会人とそうでない社会人に大きな差がつくように、通勤でAudibleを聴いているか否かでも差がつくというのが私の持論です。

 

下記の記事でも解説していますが、通勤時間にAudibleを聴くだけでとてつもない読書時間を確保できますよ。

Audibleが高くない理由アイキャッチ画像
オーディブル(Audible)は高い?むしろ安すぎる5つの理由

「Audibleを利用したいけど、月額1,500円って高くない?」   Audibleを使いたいと思いつつも、やっぱり気になるのが月額料金ですよね。   「出せない金額ではないけど ...

続きを見る

車での通勤時間が無駄に感じなければ、疲れもストレスも減る

私個人の話なのですが、通勤時間が無駄に感じなくなると、通勤・帰宅ラッシュのストレスが減るという効果を実感しています。

例えば、通勤・帰宅ラッシュ時は道路が大渋滞しますが、Audibleを再生していれば渋滞に対する疲労・ストレスを感じにくくなるのです。

 

むしろ逆で、渋滞や信号待ちでもラッキーと思えるようになります。Audibleを集中して聴けるため、「ただの待機時間」が「学びの時間」へと変わるからです。

 

通勤時の車の大渋滞は、意外と無視できません。というのも、仕事へ向かう時と帰る時、つまり1日に2回も渋滞によるストレスを感じているからです。

 

「あぁ、今日も仕事か…」とため息をつく通勤ラッシュも辛いですが、特に辛いのは仕事終わりではないでしょうか?

「仕事が終わった」という開放感がある一方、仕事終わり特有の疲労感と帰宅ラッシュのストレスが重なり、家に着いた頃にはクタクタ…。

 

あなたも、こんな経験ありませんか?

 

もしあるなら、通勤時にAudibleを聴いてみることをおすすめします。

私はビジネス書で学ぶのが好きなので、主にビジネス書を聴いていますが、先述のようにAudibleで用意されている作品は多種多様です。

 

もし通勤時間にAudibleを聴くとしたら、あなたならどんな作品を聴きたいですか?

 

車通勤の時間を「学びの時間」に変えるのもいいですし、好きな声優・俳優の朗読を聴いて「癒しの時間」にするのも良さそうです。

 

いずれにしても、あなたが今抱えている「通勤時間の有効活用したい!」という悩み・願望は、Audibleが解決してくれます。

終わりに

以上、運転中にAudibleをおすすめする理由を、注意点とともに解説しました。

 

Audibleは「聴く読書」であるため、「活字を追うのが苦手」「本を読むのはあまり好きじゃない」という方でも手軽に読書を楽しめます。

 

Audibleの始め方は【Audibleの入会・始め方を実際の画像を使って解説!】で紹介していますので、ぜひこの機会にお試しください。

 

初回限定で30日間の無料期間も設けられているので、まずは無料で利用してみて、気に入らなければ退会しちゃってもOKです。

 

  • この記事を書いた人
ゆうたのプロフィール画像3

ゆうた@ブロガー兼Webライター

文章を書くのが得意な会社員ブロガー。文章だけで月収22万円を達成。個人の力だけで収益を上げる本質的なノウハウを発信。一児のパパ。

-オーディオブック・Audible
-