広告 個人で稼ぐ

【難しい→簡単へ】個人で稼ぐ11の方法と今すぐ実践できる3STEP

【難しい→簡単へ】個人で稼ぐ11の方法と今すぐ実践できる3STEP

※本記事はプロモーションを含みます。


自分で稼ぐ力を身につけて、時間や場所に縛られない働き方をしたい!



あなたも一度はこのように考えたことがあるのではないでしょうか?



しかし、自分の力で稼ぎたいという気持ちがある一方で、

  • 何の知識も資格もない人が個人で稼ぐのは難しいのではないのか
  • 個人で稼ぐ方法は具体的にはどんな方法があるのか
  • 稼ぐためのスキルはどんなものがあるのか
  • 個人で稼ぐためにはどんな考え方が必要なのか
  • 自分の力で稼ぐために、今から具体的に何をすればいいのか



など、疑問に思うことが多いはずです。


そこで本記事では、下記の内容について、全くの初心者にも分かりやすく解説していきます。

「個人で稼ぐ」という点に関して、全てを網羅した内容となっています。




本記事を読むことで、自分で稼ぐ方法を実践するヒントが得られ、経済的・時間的自由を手に入れるために今からするべき具体的な行動が分かりますよ。



自分(個人)で稼ぐ力を身につける第一歩として、ぜひ本記事を読み進めてください。

そもそも「個人で稼ぐ働き方」とは?

質問のイメージ画像

本記事における個人で稼ぐ働き方とは、従来の組織や会社に依存しない、自分自身のスキルや知識を活かして収入を得る働き方のことです。



近年は、働き方の多様性が注目されています。



例えばフリーランスという働き方は、従来の給与所得だけに依存する形ではなく、自分のスキルや時間を活用して収入を得るという、サラリーマンとは全く違った働き方・稼ぎ方です。



「高校や大学を卒業したら定年まで会社に勤める」というのは、もはや古い常識になりつつあります。



ランサーズが2021年に実施した調査のデータによれば、2021年時点で日本のフリーランス人口は1,577万人と言われています。


2021年10月時点での日本のフリーランス人口は1,577万人。経済規模は23.8兆円となった。調査を開始した2015年と比較すると人口は68.3%(640万人)、経済規模は62.7%(9.2兆円)増加している。また、2020年2月の調査では人口は1,062万人だったため、コロナ禍でフリーランスが急増したことが分かる。

【ランサーズ】新・フリーランス実態調査 2021-2022年版



「個人の力で稼ぐ」をすでに実現している人たちが、日本だけでも1,500万人以上いるわけですね。



上記はフリーランスの人口ですので、副業人口を含めると、すでに自分の力で稼いでいる方はもっと多いと考えられます。



こうした働き方が急増する背景には、コロナ禍によるリモートワークの普及や、個人のスキルや専門知識を活かした働き方への関心の高まりが挙げられるでしょう。



近年は、インターネットやAIの進化によって、個人でも手軽にビジネスを始められる環境が整ってきました。




これにより、今までサラリーマンとして働くのが当たり前だった社会人が、自分のライフスタイルに合わせた柔軟な働き方を選択するようになっています。



つまり、時代の流れそのものが「個人の力で稼ぎたい」と考えるあなたや私の味方をしてくれているわけです。



もちろん、きれいごとだけ述べるつもりはありません。


フリーランスとしての働き方は「自分の時間を自由に使える」「人間関係を自分で選択できる」などのメリットがありますが、一方で収入の不安定さや自己管理の難しさなどのデメリットも存在します。

ゆうた

どんなに良いものでもデメリットは必ず存在します。完璧はありません。




無視できないデメリットがあるのも事実ですが、多くのフリーランスがこうした困難を乗り越え、自分らしい働き方を実現しているのもまた事実です。



今後もフリーランスの働き方は、多様な働き方の一つとして注目されるだろうなと個人的には感じています。




「自分で稼ぐ方法が知りたい」という強い情熱を秘めているあなたなら、こうしたフリーランスとしての働き方に向いているのではないでしょうか?



そもそも多くの人は「自分の力で稼げるようになりたい」と考えることはありません。




ただ毎日不満を抱えながら会社に通い、それを定年まで続けて、定年後はゆっくりと余生を過ごす。



あなたはそんなレールに敷かれたような人生が嫌だからこそ、「自分(個人)の力で稼ぎたい」と考えたのではないでしょうか。



その強い情熱が、あなたの自由な人生を作り上げます。



自分の得意なことをさらに磨いたり、新しいスキルを身につけたりなどの方法を実践し、「個人で稼ぐ力」を着実に高めていってください。


「自分にはスキルがないから…」という方でも全く心配はいりません。


今スキルがないなら、これから身につければいいだけだからです。


本記事では、個人で稼ぐための考え方・方法・スキルまで幅広く解説しているので、興味がある方法が見つかったら、ぜひこれから勉強してみてください。



今からでも全く遅くはありません。



70代でブログを始め、自分の力で稼いでいる方もいらっしゃるくらいです。年齢なんて全く関係ないですよ。

【時間・お金・場所に縛られない生き方】個人で稼ぐ力を身に付ける重要性

重要・ポイントのイメージ画像

個人で稼ぐ力を身に付けることは、変化が早い現代の生存戦略としてはもちろん、自分の人生をより自由にデザインするための必須スキルです。



あなたは今「個人の力で稼ぐ方法を知りたい!」と考えているわけですが、それと同時に「時間にも場所にも縛られず、自分の自由な仕事をして豊かな生活を送りたい」と考えているのではないでしょうか。



それを実現するためにも、やはり個人で稼ぐ力は必要不可欠です。



会社に頼ることなく個人の力で稼ぐことができれば、少なくともサラリーマンよりは自由な働き方ができます。



たとえば、下記の例をご覧ください。

具体例1
プログラミングスキルを活かして、個人でウェブサイトやアプリの開発を行い、クライアントから直接依頼を受けるエンジニア。特定の企業に所属せず、自分の時間を自由に使いながら高収入を得る。

具体例2
個人でのブログやYouTubeチャンネルを運営し、アフィリエイトや広告収入を得るクリエイター。自分の趣味や得意分野を活かしてコンテンツを作成し、多くのフォロワーや読者からの支持を受ける。

具体例3
オンラインでのコンサルティングや教育サービスを提供する専門家。自分の知識や経験を活かし、個人や企業からの依頼を受け、オンライン上でサービスを提供。


上記は少々極端な例に見えるかもしれませんが、実際にこうした働き方を実現している人がいるのもまた事実です。



私も現在、ブログというストック型ビジネスで不労所得を得ている状態にあります。

ストック型ビジネスとは?

ストック型ビジネスとは「世の中に価値を提供する仕組み」を構築することで、収益を得るビジネスのことです。



私が作った「ブログ」という稼ぐ仕組みが、私が寝ている間も遊んでいる間も世の中に価値を提供してくれています。



私が1日中何をしていようが、ブログが勝手にお金を稼いできてくれるわけです。



私のように個人で稼ぐ方法を「ストック型ビジネス」という形で実践すれば、あなたも不労所得を手に出来る可能性があります。


ストック型ビジネスのいいところは、積み上げれば積み上げるほど世の中へ提供する価値が大きくなり、それに伴って得られる対価が大きくなることです。



例えばYouTube動画を10本、100本、500本というように投稿していけば、動画の数に比例して世の中へ提供する価値が大きくなり、得られる対価も大きくなります。



つまり、不労所得が大きくなるというわけです。



不労所得と聞くと「自分には縁がないこと」と思われるかもしれませんが、全くそんなことはありません。



ストック型ビジネスを実践すれば、何者でもない社会人でも不労所得は得られるのです。

ゆうた

何物でもない社会人の私が、それを証明していますw



「ストック型ビジネスについてもっと知りたい!」

「自分もストック型ビジネスを始めたい!」

「働かなくてもお金が入る状態を作りたい!」



という方は、副業初心者でも分かる、最強の副業ストック型ビジネスについて徹底解説という記事を参考にしてください。




今や不労所得はお金持ちの専売特許ではないのですが、「会社で働いて稼ぐ」というサラリーマン思考では、こうした稼ぎ方は絶対にできません。



こうした非常識な稼ぎ方ができるのは、「自分の力で稼ぎたい」という強い動機を持ち、ストック型ビジネスに取り組んだからです。




「時間・場所・お金に縛られない生活を送りたい」と考える我々にとっては、もはやストック型ビジネスで稼ぐスキルは必須スキルと言えるのではないでしょうか。

個人で稼ぐスキルを身につける3つのメリットとは?

メリットのイメージ画像

個人で稼ぐスキルを身につけることで得られるメリットは3つあります。




では、それぞれ詳しく解説していきます。

メリット1.自由な働き方を実現できる

個人で稼ぐスキルを持つことの最大のメリットは、自由な働き方を実現できることです。


本記事で再三述べている通り、個人で稼ぐ力を身につけることによって、物理的な場所や時間、さらには働く内容においても自分の選択によって柔軟に変えることができます。

場所の自由:
伝統的なオフィスワークの場合、指定された場所での勤務が求められますが、個人での働き方では、自宅・カフェ・海外のリゾート地など、インターネットが繋がる場所であればどこでも仕事ができます。

時間の自由:
個人で稼ぐスキルを持つと、9時から17時の固定の勤務時間に縛られることなく、自分の最も生産的な時間帯に仕事をすることができます。

朝は好きな時間に起きて仕事できるほか、夜から朝にかけて仕事をする夜型の生活スタイルも実現可能です。

内容の自由:
自分の得意分野や興味・関心に基づいてプロジェクトを選ぶことができます。これにより、仕事のモチベーションを維持しやすくなり、高いクオリティの成果を出すことができるようになります。

このように、個人で稼ぐスキルを持つことで、自分のライフスタイルや価値観に合わせた働き方が可能となります。



人生において非常に大きなウェイトを占めるのが「仕事」です。



仕事さえ自由自在にコントロールできるようになれば、人生全体の自由度も格段に上がることは必然です。


嫌な上司、嫌な取引先、嫌な仕事。


嫌なことすべてを避けることは正直難しいですが、ある程度自分でコントロールできるようになれば、仕事に対するストレスも大幅に軽減できるのではないでしょうか。

メリット2.収入の多様化と安定

個人で稼ぐスキルを身につけることで得られるもう一つの大きなメリットは、収入の多様化とその結果としての経済的安定です。

収入源の多様化:
伝統的なサラリーマンや正社員としての働き方では、主な収入源は会社からの給与のみです。

しかし、個人だけ仕事をすることで、複数のクライアントやプロジェクトからの収入を得られます。

収入源が増えれば、一つの収入源が途絶えたとしても他の収入源があるため、経済的なダメージを最小限に抑えることができます。

収入の上限の拡大:
個人で稼ぐスキルを持つと、自分の能力や努力に応じて収入を増やせます。

特に、高い専門性やニッチな分野でのスキルを持つ場合、その専門性の高さに応じた収入に期待できるでしょう。

また、多様な収入源を持つことで、市場の変動や経済状況の変化にも柔軟に対応することができるようになります。



例えば、時代の急激な変化によって一方の収入が激減しても、もう一方の収入が通常通り入ってくれば、傷口は浅くて済みます。

ゆうた

近年は某ウィルスや生成AIによって、時代の変化スピードがさらに加速しているので要注意です。



今後、時代がどのように変化するかは誰にも読めません。



今まで食いっぱぐれないと言われていた業界が、何らかの拍子にいきなり窮地に立たされることも決して珍しくないのです。




複数の収入源があれば、時代の変化がいくら激しくても経済的な安定は保てます。



少なくとも、ひとつの収入源に頼るよりはいいでしょう。



結論として、個人で稼ぐスキルを持つことは、収入の多様化と経済的な安定を実現する上で非常に有効です。



「個人で稼ぐ力」を身につけることは、人生の選択肢を広げるだけでなく、経済的安定という防御的な側面も持っているのです。

メリット3.自己成長とキャリアの拡大

個人で稼ぐスキルを身につけることのメリットとして、自己成長とキャリアの拡大が挙げられます。


これは、単に収入を増やすだけでなく、人としての成熟やキャリアの幅を広げるという意味でも大きなメリットです。

多様な経験の積み重ね:
個人で仕事を受注することで、多数のクライアントやプロジェクトと関わることになります。


これにより、多様な業界や文化、働き方に触れることができ、自身の知識や視野を広げることに繋がります。

スキルの磨き方:
個人で稼ぐためには、常に自分のスキルや知識を更新し続けなければなりません。


これにより、自己学習の習慣が身につき、自分自身を常に成長させる姿勢が養われます。

また、新しい技術やトレンドに対応する能力も身につけることができます(変化が激しい時代に必須の能力)。

キャリアの自由度:
個人としての働き方は、自分のキャリアを自分の手で作る自由度が高まります。

会社特有の評価制度や独自の裁量に縛られることなく、自分の興味や価値観に合わせて仕事を選ぶことができるため、より自分自身に適したキャリアを築くことができます。

人脈の拡大:

個人での活動を通じて、多くの人々や組織と繋がれます。

自分自身のネットワークが拡大すれば、将来的なビジネスチャンスやキャリアアップに繋がる可能性も高まります。

このように個人で稼ぐスキルを持つことは、単に経済的な利益を追求するだけでなく、自己成長やキャリアの拡大といった人生全体の質を向上させる大きなメリットがあります。



新しく身につけたスキルが新しい仕事に繋がり、新しい仕事が新しい人脈に繋がり、新しい人脈から新しい選択肢へ…など、人生の幅が大きく広がるのです。



こればかりは、実際に「自分で稼ぐ力」を身につけないと、少し想像しづらいかもしれません。



いずれにしても、個人で稼げるようになれば、今までは考えられなかったキャリア形成が可能となります。

【サラリーマン思考はNG】個人で稼ぐ方法とスキルを身につけるための4つの考え方

考え・ひらめきのイメージ画像

個人で稼ぐ方法を実践するにあたっては、スキルの身につけ方やお金を稼ぐことに対する「考え方」を改める必要があります。



長らく社会人をやっているとサラリーマンとしての考え方が染み付いており、サラリーマン思考だと自分で稼ぐのは難しいです。



それくらい、サラリーマンとして稼ぐことと、自分で稼ぐことには大きな違いがあります。



まずは、その違いを理解し、個人で稼ぐために必要な考え方を身につけていきましょう。具体的には下記のような考え方です。

それぞれ簡単に解説していきます。

とにかくすぐ動く

個人で稼ぐためには、とにかくすぐ動くことが極めて重要です。



すぐに動かなければ経験値は得られませんし、何より1円のお金も稼げないからです。



サラリーマンの働き方では、事前に計画を練り上司などの承認を得てから行動に移すことが一般的ですが、個人でのビジネスではそのような時間の余裕はありません。





とにかくすぐに動いてたくさんの失敗をし、さらに失敗から学んで行動し続け、ようやく成功が手に入るのです。



やり方を知ったらとにかくすぐに手を動かす。これを意識していきましょう。



ハッキリ言って、稼ぐ方法をきちんとレクチャーしても9割以上の方は行動しません。



「面倒だから」「後でやればいいから」と何かと理由をつけて、行動を避けようとするのです。



人間の脳は新しいことを嫌うので、新しい行動を避けようとするのは当然なのですが、その脳の反応に負けてしまうようでは、自分で稼ぐことはいつまで経っても無理です。




「とにかくすぐに動くこと」を意識すれば、作業興奮の働きにより、面倒だった行動も継続できるようになります。

作業興奮とは?

作業興奮とは、何か作業に取り掛かることで、その作業に対するやる気やモチベーションが高まることです。

要するに「すぐに動くこと」を実践すれば、当初はやる気がない状態であっても、作業を開始することでやる気が出るわけですね。




個人でスキルを身につけて稼ぐことは、ある意味自分の怠け心との戦いでもあります。




この怠け心が非常に厄介で、個人ビジネスを始めると四六時中あなたについて回ります。




怠け心に負けないためにも、「やる気の有無に関係なく、とにかくすぐに動くこと」を常に意識するようにしてください。




また、「とにかくすぐに動くこと」を実践することで、他にも下記のようなメリットが得られます。

  • 先行者利益を享受できる
  • 行動する前は見えなかった問題点・改善点が見えるようになる
  • いきなり成功を掴める可能性がある




上記の利点は、行動しないと決して得られません。




怠け心に打ち勝つためにも、経験値を得るためにも、成功を掴むためにも、「とにかくすぐに動くこと」を常に意識してください。

インプットとアウトプットの割合を1:9とする

個人で稼ぐために、インプットとアウトプットの割合を1:9にするように心掛けてください。



1つのことを学んだら、学んだ内容をすぐに実践するイメージです。



個人ビジネスに限った話ではありませんが、自分では行動(アウトプット)しているつもりでも、全く行動になっていないケースがいくつもあります。



例えば「ダイエットで5kg落とすために、ダイエットの本を10冊読む」というケースです。



確かに書籍から正しいやり方を学ぶのは非常に大切ですが、本を10冊読む時間があるなら、1冊読んでその内容を実践する方が体重が落ちることは明白です。



そもそも目的は体重を5㎏落とすことなのですから、1冊の本で目的が達成できれば、それで良いのではないでしょうか?



アウトプットが伴わないインプットほど無意味なことはありません。



インプットはアウトプットに至るまでの過程に過ぎないのです。



これは個人ビジネスでも全く同じことが言えます。



本や動画で稼ぎ方ややり方をたくさんインプットするよりも、1つ新しいことを学んだら、とにかくアウトプットしてみる。



こうした考え方にシフトしていきましょう。



サラリーマンの働き方では、上司や同僚の顔色を窺いがって行動にストップがかかりがちですが、個人ビジネスではこうした妨げはありません。



学んだことをすぐにアウトプットできるのは、個人ビジネスならではの強みです。



インプットとアウトプットは常に1:9という具合で、アウトプット重視で取り組んでみてください。

失敗しまくる

個人で稼ぐために、失敗しまくることを意識してください。



これは「わざと失敗しろ」という意味ではなく、「失敗を恐れずに挑戦し続けてください」という意味です。



名言でもキレイごとでもなんでもなく、失敗は成功への道のりに過ぎません。



成功へ到達するためには、絶え間ない失敗経験が必要不可欠なのです。



挑戦し続けている限り、あなたはこの先何度も失敗を繰り返すこととなります。



それこそ、「もうやめたい」と思ってしまうほど何度も失敗すると思います。

ゆうた

もちろん私もそうでした。



失敗は怖いかもしれませんが、「何度失敗しても挑戦しつづける姿勢」を貫かない限り、個人で稼ぐことはできません。



私にも言えることですが、副業を通して個人で稼ぐことに成功している方は、数え切れないほどの失敗を経験しています。



ですが、失敗を失敗で終わらせるのではなく、その失敗から新しいことを学び、さらに挑戦し続けているからこそ個人で稼ぐことに成功しているのです。



失敗を恐れて何も行動しないことは、成功への道を閉ざすことに他なりません。



「失敗しないこと」こそが、一番の失敗なのです。



新しいことに挑戦する際には、必ずリスクや痛みが伴いますが、それを受け入れ、挑戦し続けましょう。


言い換えると、「とにかく挑戦し続けて、失敗しまくりましょう




多くの方は「失敗は怖い」と考えて挑戦すらしません。挑戦しないのはその人の勝手なのですが、その姿勢ではいつまで経っても自分で稼ぐことはできません。



今までサラリーマンとして働いてきた方にとっては、「個人で稼ぐこと」は大きな挑戦です。



新しいことに挑戦する以上、失敗は必ずついてきます。



ですので、今のうちに「とにかく挑戦して失敗しまくる」という考えにシフトしておきましょう。



失敗することを前提に動いていると、いざ失敗したときに「あぁ、失敗って意外と大したことないんだな」と分かるようになります。

お金を稼ぐ=感謝されている と考える

個人で稼ぐために、「お金を稼ぐこと=感謝されること」という考えを持ってください。



間違っても「お金を稼ぐことは悪いこと」という考えは持たない方がいいです。



お金を稼ぐのは悪いことだと思っていると、いざという時にお金を受け取れなくなります。

  • 自分なんかが本当に受け取っていいのだろうか
  • 大したことしてないのにお金をもらってもいいのだろうか

と、お金を受け取ることに後ろめたさを感じてしまうのです。




あなたがこれから始めるのはボランティアではありません。個人ビジネスです。



ビジネスである以上、相手に価値を提供したら、遠慮なく対価を受け取ってもいいのです。



そもそも「お金を稼ぐのは悪いこと」なんて誰が決めたのでしょうか?




別に悪いことではありませんし、私はむしろお金を稼ぐことはとても良いことだと思います。



誰かからお金を受け取るということは、その相手に価値を提供している証拠だからです。



例えばあなたは会社から給料を受け取っていますよね?



これはあなたが「労働」という価値を会社に提供しているからです。



給料を受け取るとき、「自分なんかが給料を受け取っていいのかな」なんて後ろめたさは感じないですよね?



むしろ「きちんと働いたのだから、その対価として給料を受け取るのは当たり前」だと思っているはずです。



個人で稼ぐことも、根本的には全く同じと考えてください。



相手に対して自分のサービスを提供しているのですから、当然、対価としてお金を受け取ってもいいのです。



そこに後ろめたさは感じなくてOK。




あなたにはお金を受け取る権利があるのです



偏見かもしれませんが、日本人は「お金を稼ぐのは良くないこと、はしたないこと」という考えを持っている方が多いと感じます。



このような考え方では、いざ「あなたの商品を買いたい」という人が現れても、怖さを感じて自分から拒否してしまう可能性があります。



これでは個人で稼ぐことはできません。

  • 自分はお金を遠慮なく受け取っていい
  • お金を稼ぐことは相手に感謝されること



と考え、遠慮なくお金を受け取れる考え方を身につけましょう。



ホント、個人で稼ぐという点において「お金を稼ぐのは悪いこと」という考え方は害悪以外のなんでもありませんよ。

【不安解消】個人で稼ぐのは難しい?全く難しくない3つの理由

ひらめくビジネスマンのイメージ画像

「個人の力で稼ぐ」と聞くと、「なんだか難しそう」とイメージする方もいると思います。


確かに「簡単に稼げる」なんて詐欺師のようなことは言いませんが、そこまで難しいものではありません。


以下の3つの理由から、個人で稼ぐのは思っているよりも難しくないと個人的には思います。

では、それぞれ簡単に解説していきます。

ビジネスは勉強やスポーツと同じだから

個人で稼ぐのが難しくない理由として、ビジネスは勉強やスポーツと同じであることが挙げられます。



勉強もスポーツも、ある程度繰り返して学習や練習を重ねれば、それなりの実力が身につくのは今までの人生で実感しているはずです。



例えば、学校で初めて算数や数学を学んだとき、最初は難しく感じたかもしれませんが、繰り返し問題を解いていくうちに徐々に理解が深まり、解ける問題の数が増えていったはずです。



スポーツでも同様で、サッカーなどの部活を始めたばかりの頃は、ボールを上手く扱えなかったり、ルールが複雑に思えたりするかもしれません。



しかし、練習を重ねることで技術が向上し、最初は全くできなかった複雑なプレーも、試合中に無意識に繰り出せるようになったはずです。



もちろん、何事にも得手不得手があるため、全く同じ練習をこなしても個人差が出てきますが、繰り返しの練習により、ある程度の実力は身につくのが一般的です。



少なくとも、毎日3年間サッカーの練習をすれば、全くやったことがない素人よりもはるかに上手くなることは容易に想像できます。


ビジネスもこれと全く同じとお考えください。



最初は新しいスキルを学んだり、市場を理解したりするのが難しく感じるかもしれませんが、一歩ずつ前進し経験を積むことで徐々に実力が身につき、結果が出るようになります。



例えばWebライターの場合、SEOやWebライティングの基本を学び始めた当初は、キーワードの選定や読者に響く文章を書くことが難しいと感じるかもしれません。



しかし、継続して記事を書き、クライアントからのフィードバックを受けながら学びを深めていけば、徐々に読者の関心を引くコンテンツを作成できるようになります。



こうしてWebライターとしてスキルを磨けば、どんどん単価が上がって収入も大きくなるでしょう。



重要なのは、最初から完璧を目指すのではなく、とにかく始めてみて小さな成功を積み重ねていくことです。





継続的に学習し、実践を通して着実にスキルを磨いていけば、個人で稼ぐことは決して難しいことではありません。



ビジネスも勉強とスポーツと同じ」と考えると、自分で稼ぐことに対して「何だかできそう」と思えるのではないでしょうか。

最小のリスクで始められるから

個人で稼ぐのが難しくない理由として、最小のリスクで始められることが挙げられます。



個人で稼ぐと聞いたとき、まとまった資金や大きな挑戦が必要なイメージがあるかもしれませんが、全くそんなことはありません。




お金をかけずに小さな挑戦を積み重ねる形でも、自分で稼ぐことは十分に可能です。



例えば今の時代、ブログ副業は完全に無料で取り組むことができます。



無料ブログを開設し、YouTubeの動画でブログノウハウを勉強しながら、自分が持っている情報を発信するだけです。



無料ブログだけで月数万円稼ぐ人もいるくらいなので、このように全くお金をかけなくても、自分で稼ぐことは不可能ではないのです。



同じく、個人で稼ごうと思った時に、わざわざ大きな挑戦をする必要もありません。



ブログやWebライターなら、月数千円程度のお金を払えば、自宅に居ながら副業を始めることができます



個人で稼ぐために、会社を辞めて個人ビジネス一本に集中する選択肢もありますが、そんなに大きなリスクを負う必要はありません。



最初は小さなステップでOKなのです。



まずは自分が許容できるリスクの範囲内で行動し、徐々にビジネスを拡大していきましょう。



小さな成果を積み重ねれば、ちりつもの論理で大きな成果につながります。

無料コンテンツが豊富で学びやすい環境だから

個人で稼ぐのが難しくない理由として、無料コンテンツが豊富で学びやすい環境であることが挙げられます



誰でも手軽にインターネットを利用できる現代は、インターネットを利用するだけで質の高い情報が無料で手に入ります。



例えばYouTubeには、プログラミングや動画編集のほか、ビジネススキル、マーケティングなど、幅広いトピックの動画が用意されています。



同様にして、企業が運営するサイトや個人ブログ、メルマガ、無料セミナーなども、無料で活用できる情報源のひとつです。



また、SNSで専門家の発信を追ったり、実際にコミュニケーションを取ったりなどをして、有料級の情報を無料で手にすることもできるでしょう。



このように、インターネット上には無料で活用できる情報源が豊富にあります。



個人で稼ぐための学習は、以前よりもお手軽になっていると言えるでしょう。



以前は身銭を切って本を購入したりセミナーに参加したりなど、学びのためにはある程度のお金がかかることが当たり前でした。



しかし今では、学習にあまりお金がかからない分、浮いたお金を設備投資やツールに回すこともできるのです。



こうした環境の変化は、個人がビジネスを始める際のハードルを大きく下げていると言えるでしょう。



ただし、実際に副業やフリーランスで稼いでいる人にとって「お金を払って学ぶこと」は常識中の常識であることは押さえておいてください。



なるべくお金をかけたくないという気持ちはよく分かるのですが、「自分へ投資する」という感覚でいざという時にお金を使える人こそが、稼ぎ続ける人材になりやすいという事実があります。

【真理】個人で稼ぐ方法を実践するなら、スキルが身につくものがおすすめ

個人で稼ぐ方法は数多く存在しますが、スキルが身につくものを選ぶことで、長期的な収益とキャリアの発展を実現できます。




よって、個人で稼ぐ方法を実践する場合は、「この個人ビジネスできちんとスキルが身につくか?」を意識するようにしてください。




そもそもスキルが身につかない方法があるの?」と思われるかもしれませんが、実は結構あります。




例えばポイ活は、スキルが身につかない副業の最たる例です。




ポイ活とは、ポイントサイトなどに登録してポチポチとスマホをいじり、ポイントを稼いでいく活動のことです。



確かにポイントという形で対価は得られるでしょうが、何らかのスキルが身につくと思いますか?



正直「副業」と呼べるかも怪しいですが、ポイ活をはじめとするスキルが身につかない副業は、私は一切おすすめしません。



他にも、下記に該当する「個人で稼ぐ方法」は避けた方が無難です。

  • アンケートモニター
  • ウーバーイーツ(UberEATS)
  • データ入力 など


上記にはスキルが身につかないだけでなく、もうひとつ共通点があります。


それは「誰でもできて、今すぐに稼げる方法である」という共通点です。



「個人で稼ぐ方法」を実践する場合、上記に該当するものではなく、きちんとスキルが身につくビジネスを選択するようにしてください。


例えば、

  • ブログ
  • プログラミング
  • Webライター
  • デザイン(Webデザイン・ロゴ作成など)
  • コンテンツ販売(情報・イラスト・写真など)

などです。

何らかのスキルが身につく方法を選べば、あなたの市場価値が上がり、長期的に安定した収入を得ることが可能となります。



収入の拡大を臨めるだけでなく、身につけたスキルをきっかけに、今よりも収入が高い仕事へ転職できる可能性も0ではありません。



一度身につけたスキルは一生ものになります。



一生もののスキルが身につけば、フリーランスとして自由に働くことも不可能ではありません。



逆に、スキルが身につかない方法を実践すると、自分の力で稼ぎ続けることは難しくなります。



あなたが「自分の力で稼ぎたい」と思った理由は何でしょうか?



恐らく、「会社や時間・場所に縛られず、自由な働き方をしたいから」ではないでしょうか。



それなら、なおさらスキルが身につくビジネスを始めることをおすすめします。




一生もののスキルさえ身につければ、会社に縛られずともお金を稼ぐことは十分に可能です。



先述しましたが、年齢なんて一切関係ありません。今からでも全く遅くはありませんよ。

ゆうた

「今からでも遅くない」と繰り返し伝えているのは、年齢を理由に諦める方があまりに多すぎるからです。ホント、年齢なんて全く関係ないですよ。

【超初心者でもOK】個人で稼ぐために身につけたい!超おすすめスキル6選

スキルアップのイメージ画像

個人で稼ぐためには、特定のスキルを身につけることが重要です。



ここでは、特に「個人で稼ぎたいけど、どんなスキルを身につければいいか分からない」という方に向けて、おすすめのスキル6つをご紹介します。



どれも時間・場所に縛られない働き方を実現できるスキルなので、ぜひ参考にしてください。

では、それぞれ簡単に解説していきます。

AI活用スキル

AIを活用できるスキルは、もはや現代では必須といっても過言ではありません。



AI技術は日々進化しており、ビジネスや日常生活においてもその重要性が増しているからです。




それを裏付けるかのように、2023年は以前と比べて「AI副業」という言葉が関心を集めています。



下図は「AI副業」というワードの検索数の推移グラフです(Googleトレンドより引用)。

上記のグラフから、2023年4月あたりから「AI副業」という言葉に関心が寄せられていることが読み取れます。



AI副業とはその名の通り、AIを活用してお金を稼ぐ副業のことです。




例えば文章生成AIであるChatGPTでブログ記事を書いたり画像生成AIであるStable Diffusionで生成した画像を販売したりなどが挙げられます。



AIを上手く活用できるようになれば、ブログやライター、画像などのコンテンツ販売、プログラミング、Webデザイン、独自のプロンプト販売など、色々な稼ぎ方に応用することも可能です。



まさに稼ぐ幅が広がるというわけです。



全くのスキルがない初心者でも、今からAIについて学ぶのは全く遅くありません。



かくいう私もChatGPTが登場して約半年後(2023年5月あたり)に、本格的にAI活用の勉強を始めました。



今ではブログ記事の約半分をChatGPTに書いてもらえる程度のスキルが身につきました。

ゆうた

あなたが今読んでいるこの文章も、ChatGPTを使って書いた文章です。



今の時代、AIを活用できて損はありません。



むしろ大きなアドバンテージとなるので、ぜひAI活用スキルを身につけ、個人で稼ぐ力をつけてください。

プログラミングスキル

プログラミングスキルは「個人で稼ぐ」という場合において代表的とも言えるスキルのひとつです。


プログラミングスキルを身につける方法として、主に下記の3つの選択肢があります。

プログラミングスキルを身につける主な方法

  • 独学で身につける
  • スクールに通う
  • AIに教えてもらう(ChatGPTなど)

この中で一番おすすめなのは、スクールに通うという方法です。



スクールに通うことで現役のエンジニアから直接プログラミングを学べるため、独学よりもはるかに効率的に学習できます。



例えば、「プログラミングスキルを獲得し、フリーランスとして食べていける」というのが、あなたの目的地だとします。




その目的地に自転車で向かうのが独学で、車で向かうのがスクールと考えてください。



近場であれば自転車の方が早いかもしれませんが、距離が遠くなればなるほど、自転車と車では到達時間の差が大きくなります。




今までプログラミングに触れてこなかった方がお金を稼げるまでにプログラミングスキルを身につけるには、相当な長旅になることは容易に予想できます。



その長い旅路を自転車で出発するのは、あまりに無謀と思えないでしょうか?



スクールであれば分からないことはすぐに相談できますし、現場に必要な生のスキルを現役エンジニアから学べるため、独学では決して得られない学習環境も手に入ります。



何よりスクールに通うと講師の目があるため、「きちんとやらなければ」という強制力が働き、挫折しづらくなるというメリットもあります。



本気であれば本気であるほど、スクールで学ぶのが一番です。



それなりにお金がかかるのがネックですが、目的地に至るまでの時間を大幅にショートカットできると考えれば、安いものではないでしょうか。



もちろん、学習方法の選択は個人の状況や目標によって異なるため、一概に「スクールが最良」とは言えないかもしれません。



プログラミング学習には多様なアプローチがあるため、それぞれの方法の利点と欠点を踏まえた上で、あなたに合った学習方法を選んでみてください。

ゆうた

とはいえ、さっさとスキルを身につけて独立したいという方には、やはりスクールに通うのが一番おすすめです

Webマーケティングスキル

個人で稼ぐスキルの一つに、「Webマーケティングスキル」が挙げられます。



Webマーケティングスキルとは、インターネット上でモノやサービスを売るスキルのことです。



具体的には、ブログで読者に商品を紹介して買ってもらったり、SNSでおすすめのサービスを紹介して、紹介料をもらったりなどが挙げられます。



Webマーケティングスキルが身につけば、ブログやSNSで稼げるだけでなく、コンサルティングという形でスキルを提供することも可能です。



自分のマーケティングスキルを活かし、顧客のWeb集客や販売をサポートするわけですね。



このようにWebマーケティングスキルは、マネタイズの幅が広いというメリットがあります。



一方で、Webマーケティングスキルは一朝一夕で身につくものではありません。



ブログやSNSでモノを売るのは簡単ではないですし、コンサルティングに至っては実績がなければ仕事を受けることも難しいでしょう。



全くの初心者がWebマーケティングのスキルを身につけるなら、断然ブログがおすすめです。



ブログ運営を通して、紹介した商品やサービスが売れるようになれば、Webマーケティングスキルも自ずと身につくからです。



加えて、ブログで稼げたという実績もついてくるため、後々ブログコンサルティングという形で稼ぐこともできます。



また、ブログ運営で身につけたWebマーケティングスキルを、他の媒体(SNSや YouTubeなど)に応用できるのも嬉しいポイントです。



本や動画でWebマーケティングを学ぶのもいいのですが、やはり実践した方が早くスキルが身につきますし、実績もついてきます。



Webマーケティングスキルを身につけるなら、初期投資が安く、初心者でも始めやすいビジネスである「ブログ」を検討してみてください。

動画編集スキル

個人で稼ぐスキルとして「動画編集スキル」が挙げられます。


動画編集スキルとは、

  • YouTube動画の編集
  • 動画広告の制作
  • ソーシャルメディア向けのコンテンツ作成

など、さまざまな形で活用できるスキルのことです。



動画広告市場が右肩上がりに伸びている今、一定以上の動画編集スキルを身につけることで、副業で大きく稼ぐこともフリーランスとしての道を開くこともできます。


サイバーエージェントの調査では、「動画広告市場は2026年には1兆円を超える見込みがある」という結果が出ています。

2022年の動画広告市場は、昨対比133.2%の5,601億円に到達。
2023年には7,209億円、2026年には1兆2,451億円に達する見込み。

出典元:サイバーエージェント、2022年国内動画広告の市場調査を実施





動画編集のスキルを磨くためには、まず基本的な編集ソフトウェアの操作を学ぶことが重要です。




代表的な動画編集ソフトとして挙げられるのがAdobe Premiere Pro(アドビ・プレミアムプロ)やFinal Cut Pro(ファイナルカットプロ))です。




こうした動画編集ツールを使いこなすことで、

  • カット編集
  • テロップ
  • 画像挿入
  • BGM SEの追加
  • 色調・音声調整

などの基本的な動画編集スキルを身につけられます。



動画編集で稼ぐにあたっては、パソコンや動画編集ソフトを用意する手間がかかりますが、動画広告市場が活況を極める今、自分で稼ぐスキルとして「動画編集スキル」を磨くのもおすすめです。

ライティングスキル

個人で稼ぐスキルとして、ライティングスキルが挙げられます。


ライティングスキルとは、

  • ブログ記事
  • 企業サイトのコンテンツ
  • SNSの投稿
  • メルマガ
  • 広告のキャッチコピー

など、さまざまな形式のテキストを作成するスキルのことです。



ライティングスキルを身につけることで、Webライターやブログ副業を始められるのはもちろん、フリーランスライター、コンテンツクリエイター、コピーライターなど独立して働く道も開けます。



また、他のスキルと掛け合わせて、さらに大きく稼ぐことも夢ではありません。



例えばブログで身につけたライティングスキルを、YouTubeのタイトル作成や概要欄の説明文、コンテンツの台本作成などに活かすことができます。



また、自分で作ったコンテンツを販売する際に、売り込むための文章を書くときにも役に立つでしょう。



このように、ライティングスキルを身につけることで、副業・フリーランスとしての道を開けるほか、他のビジネスにも応用できるのです。



そうは言っても文章を書くのが苦手…」という方も全く問題ありません。



ライティングスキルといっても別に高度な文章力は必要ありませんし、今ではAIに文章を書いてもらうことも可能だからです。



ライティングスキルを磨きつつ、AIで文章を書くスキルも、同時に磨いておくのもおすすめです。



いずれにしても文章を書くスキルは色々と応用が利くため、ぜひ「個人で稼ぐためのスキル」として、身につけることを検討してください。

プレゼンテーションスキル

個人で稼ぐためのスキルとして「プレゼンテーションスキル」が挙げられます。



言うまでもありませんが、プレゼンテーションスキルとは、自分の考えや伝えたい情報を、聞き手に分かりやすく伝えるスキルのことです。



プレゼンテーションスキルと聞くと、サラリーマンが上司や顧客を相手にプレゼンしている場面をイメージするかもしれません。



ですが、個人で稼ぐ場合にもプレゼンテーションスキルは非常に役に立ちます。



具体的には下記のような場面です。

  • 自分の仕事を紹介する場面
  • 自分の商品・サービスを紹介する場面
  • オンラインセミナーやウェビナーでの講演
  • ネットワーキングイベントでの自己紹介
  • YouTubeなど動画を通しての情報発信

これらの場面では、プレゼンテーションスキルによって成否が大きく左右されます。




聞き手を動かす魅力的なプレゼンができれば望む結果に繋がりやすいですし、そうでなければ失敗に繋がりやすくなります。



このように、個人だけで仕事をする場合においても、プレゼンテーションスキルは非常に重要なのです。



特にフリーランスとして仕事をする場合、プレゼンの成否によって収入が大きく変わることも考えられます。




例えば、顧客が求めているスキルを十分有しているにも関わらず、相手にそれが上手く伝わらなければ、本来獲得できた案件を逃すこととなります。



YouTube動画の場合は、視聴者にすぐに離脱されたりチャンネル登録してもらえなかったりと、大きな機会損失に繋がるでしょう。




エンジニアやWebライターなど、どの仕事で稼ぐにしても、プレゼンテーションスキルが無いと十分な収入が得られない可能性があるのです。



個人で稼ぐためのスキルとしてプログラミングやライティングを学ぶことも大切ですが、それと同時に、プレゼンテーションスキルの重要性についても押さえておいてください。

【この中から選べばOK】個人でも稼げるおすすめの仕事11選

個人で稼ぐ方法(仕事)の中でおすすめの仕事としては、下記の11個が挙げられます。

全て解説すると非常に長くなるので、それぞれざっくり簡単に解説していきます。

Webライター

Webライターとは、オンラインメディアやブログ、企業サイトなどに記事コンテンツを提供する仕事です。



SEOを意識した記事作成、ターゲットのニーズや興味に合わせたトピック選定、魅力的な記事タイトルや見出しの作成などのスキルが必要となります。



また、Webライティングのスキルに加えて、あなたが取り扱うジャンル(金融ライターなら金融ジャンル)の継続的な学習が求められます。

ブログ

ブログとは、読者の疑問や悩みを解決する記事を書き、ブログ内で商品やサービスを紹介して紹介料を得る仕事です。



ブログへ継続的なアクセスを集めるためには、「読者の疑問・悩みを解決すること」を前提としたうえで、定期的に魅力的なコンテンツを更新することが必要となります。



また、読者とのコミュニケーションやフィードバックの取り入れも重要です。

YouTuber

YouTuberとは、オリジナルの動画コンテンツを制作し、YouTube上で公開する仕事です。


動画の企画、撮影、編集スキルが必要で、視聴者の関心を引くための創造的なアイデアが求められます。


また、チャンネルを成長させ上手く収益化するためには、マーケティング戦略や視聴者とのコミュニケーションも必要です。

Udemy講師

Udemy講師とは、オンライン学習プラットフォームUdemyで動画コンテンツを作成し、提供する仕事です。



特定の分野の専門知識を持ち、効果的な教材作成とプレゼンテーションスキルが必要です。



コースの構成やビデオ制作・販売だけでなく、学習者の質問への対応も必要となります。

エンジニア

エンジニアとは、ソフトウェア、ウェブサイト、アプリケーションなどの開発を行う仕事です。



プログラミング言語の習得、システム設計、デバッグ、コードの最適化などが求められます。



また、エンジニアとして継続して稼ぐためには、技術的なトレンドを常にアップデートし続けなければなりません。

Webマーケター

Webマーケターとは、オンラインでのマーケティング戦略を立案し実行する仕事です。



SEO、ソーシャルメディアマーケティング、Eメールマーケティング、コンテンツマーケティングなどのスキルが必要となります。



副業やフリーランスのWebマーケターは、企業や個人事業主からマーケティングに関する依頼を受け、その対価として報酬を得ます。



Webマーケターとして身につけたスキルは、他のビジネス(ブログやYouTubeなど)にも応用できるのも特徴のひとつです。

Webデザイン

Webデザインとは、ウェブサイトの見た目や使いやすさを作り上げる仕事です。


Webデザインにおいては、サイトの外観をキレイに整えるだけでなく、訪れた人が情報を簡単に見つけられるようにデザインする必要があります。



また、スマホやタブレットなど、パソコン以外の機器でもサイトがきれいに見えるように調整するスキルも必要です(レスポンシブデザイン)。

動画編集者

動画編集者とは、映像素材を編集し、ストーリーに沿った動画を制作する仕事です。



編集ソフトウェアの操作スキル、映像のカットやトランジション、音声調整などの技術が必要です。



また、視聴者の注意を引くための創造的な編集技術も求められます。

イラスト・画像販売

イラスト・画像販売とは、自作のイラストや写真をオンラインで販売する仕事です。


イラスト・画像を販売するためには、画像販売サイトに登録する必要があります。


画像生成AIが急速に進化している今、AIが描いたイラスト・画像を販売することも可能です。


ただし、AIが生成したイラスト・画像の販売は法整備が追いついておらず、今後どのような方向へ進むか全く予想がつきません。

プロンプト販売

プロンプト販売とは、ChatGPTのようなAIを効果的に使うための指示や質問の文章を作成し、それを販売する仕事です。



自作のプロンプトを販売するためには、AIの機能を最大限に活用するための文章を考える能力と、AIを活用する方のニーズを理解するスキルが求められます。



プロンプトの販売方法として、ブログの限定公開機能を利用したり、noteなどのプラットフォームで有料記事を販売したりなどの方法が挙げられます。

コンテンツ販売

コンテンツ販売とは、自分が持っている専門的な情報を文章や動画にして、インターネット上で販売する仕事です。



コンテンツ販売においては、自分が持つ情報をわかりやすく伝える能力と、魅力的なコンテンツを作成するクリエイティブなスキルが必要です。



また、自分のコンテンツを興味を持ってもらえるように宣伝し、販売するための方法を考える力も求められます。



かなりざっくりですが、個人で稼ぐ11の方法について解説しました。



どの仕事も副業からはじめられて、ゆくゆくは独立できるほど稼げるため、興味がある仕事には積極的に挑戦してみてください。

【今すぐできる】個人で稼ぐための3STEP!

個人で稼ぐ方法について長々と解説しましたが、「で?結局どうすればいいの?」と疑問に思う方もいらっしゃると思います。



結論としては、下記の3STEPを順序良く実践してみてください。

  1. 個人で稼ぐスキルの中からどれかひとつを選ぶ
  2. YouTubeや書籍などで勉強し、自分なりに計画を立てる
  3. 実際に手を動かす

まず最初のSTEPとして、個人で稼ぐためのスキルの中から「これならできそう」「これに興味がある」というものを選び、今すぐに勉強を始めてみてください。


勉強といっても、机に向かってノートをとる…というわけではありません。



YouTubeなどで「〇〇 初心者」「〇〇 稼ぎ方」と検索して、そのスキルに関する情報を集めたり、ノウハウを学んだりする勉強です。



稼ぎ方や必要なスキルを把握したら、次のステップとして自分なりに計画を立てて即行動に移してみてください。



YouTubeでも十分に質の高い無料情報が手に入りますが、やはり私のおすすめは書籍です。



一般書籍は出版社による編集プロセスを経ており、情報精度や信頼性という点で、YouTubeの情報を上回る場合が多いからです。

ゆうた

もちろん、YouTubeにも質の高い情報はたくさんあります。私も信頼のおけるYouTuberから情報を得ています。

例えば出版社は情報の精度を担保するために、

  • ファクトチェック
  • 専門家によるレビュー
  • 編集者による厳格な校正

などを行うのが一般的です。




一方でYouTubeは誰でも発信できるプラットフォームであり、発信されている全ての情報が精査されているとは限りません。



まさに玉石混交であり、非常に優良な「玉」もあれば、「石」にしかならない情報もあるのです。




一般書籍の情報が全て正しいとまでは言いませんが、一般書籍とYouTubeの情報は、公開されるまでのプロセスに大きな違いがあるという点は押さえておいてください。



もし「書籍から情報を集めたい!」という場合は、Kindle UnlimitedAudibleなど、多読に適したサービスを利用するのがおすすめです。




月額の定額料金で非常にたくさんの本を読めるからです。1冊読もうが100冊読もうが、対象作品であれば料金は常に一定です。




Kindle UnlimitedAudibleは登録から30日間無料で、入会⇒即退会すれば完全無料で読書ができます。




YouTubeで情報を得るのもいいのですが、こうした読み放題サービスを利用することも、選択肢として検討してみてください。




以上、自分の力で稼ぎたい!というあなたには、下記の3つの手順をこなしてみることをおすすめします。

  1. 個人で稼ぐスキルの中からどれかひとつを選ぶ
  2. YouTubeや書籍などで勉強し、自分なりに計画を立てる
  3. 実際に手を動かす

最初のうちは別にお金をかける必要がないので、「とりあえずやってみるか」という感覚でOKです。



今できる範囲で全く問題ないので、ぜひ何かしらのアクションを起こしてください。

個人で稼ぐ方法で一番おすすめなのは【ブログ】です

個人で稼ぐ方法として一番おすすめなのは何?」と聞かれたら、真っ先に「ブログ」とお答えします。


ブログをおすすめする理由は、ブログには下記のようなさまざまなメリットがあるからです。

こんなにある!ブログのメリット

  • 寝てても遊んでても、ブログがお金を稼いでくれる
  • ブログだけで月収100万円以上も夢ではない
  • パソコンひとつで仕事ができる
  • 初期費用がとても安い(月数千円程度
  • スキルゼロから始められる
  • 色んなスキルが身につく
  • 文章で情報を伝えられるので、人と会う必要がない
  • わざわざ会社に行く必要がない
  • 自宅はもちろん、旅先でも仕事ができる
  • 働く時間を自分で決められる(1日1時間でもOK
  • いつでも好きな時に休める(週休5日など
  • 上司や先輩など、気を使う人間関係がない
  • 資格も学歴も才能もいらない


ブログのメリットの中に「色んなスキルが身につく」と挙げていますが、ブログを実践すると下記のスキルが身につきます。

ブログで身につくスキル

  • 自己学習能力
  • Webライティング(Webサイト特有の文章の書き方)
  • 文章力
  • コピーライティング
  • SEO(Google検索でサイトを上位表示させる対策)
  • WordPress(ワードプレス)のスキル
  • AI活用スキル(ChatGPTなどの生成AI)
  • マーケティングスキル
  • SNS運用スキル
  • コンテンツ企画・作成スキル
  • リサーチ能力(情報収集能力)
  • 提案力(解決策の提案)
  • 問題解決力
  • 情報伝達力
  • コミュニケーション能力(ブログは読者との対話)
  • 分析スキル(検索キーワード分析、ユーザー行動の分析など)


「ブログ」というビジネスに取り組むだけで、多くのメリットを享受できるほか、多様なスキルを身につけられるのです。



正直、「時間や場所に縛られず、お金に不自由しない生活」を実現したいのであれば、ブログを実践しない理由はないと思っています。



「ブログってなんだか難しそう…」と思うかもしれませんが、そこまで難しくありません。



もちろん、稼げるまでには一定の努力と継続が必要であることは否定しませんが、少なくとも以前よりはハードルが下がっています。


例えば、今では誰でも簡単にWordPress(ワードプレス)ブログを作ることが可能です。

WordPressとは?

WordPress(ワードプレス)とは、サイトやブログを作成・管理するためのコンテンツ・マネジメント・システム(CMS)です。プログラミングの知識一切不要で、最短5分でサイトを作ることができます。

ゆうた

本ブログもWordPressで作りました。私がWordPressに慣れていることもありますが、所要時間は5分くらいです。


これからブログを始める初心者なら、エックスサーバーラッコサーバーを選んでおけば間違いありません。

エックスサーバーの特徴

  • 国内シェアNo1!業界大手のサーバー会社
  • 超速サーバーで大量アクセスに強い
  • 24時間365日の徹底サポート!初心者も安心


エックスサーバーでブログを開設する

ラッコサーバーの特徴

  • 最短5分で超簡単!全くの初心者も一切迷わずブログが作れる!
  • 万が一挫折してもブログを即売却可能!独自のマーケットと連携
  • ブログの必須ツール!ラッコキーワード有料版が1ヵ月無料


ラッコサーバーでブログを開設する


ブログは初期費用が数千円で、収入は青天井(月収100万円も可能)


時間や場所に縛られることなく、あなたが寝ているときも遊んでいるときも、勝手にお金を稼いできてくれます。


これほど魅力的なビジネスが、他にあるでしょうか?


個人で稼ぐ方法は他にもいくらでもありますが、やはり私はブログを一番おすすめしたいと思います。

個人で稼ぎたい人におすすめの本5冊

電子書籍と本のイメージ画像

これから紹介する5冊は、「自分で稼ぐ力を身につけて自由な生活を送りたい。でも具体的にどうすればいいか分からない」という方に、ぜひ読んでもらいたい5冊です。



とはいえ、

  • 読書はあまり得意じゃない
  • 本を読みたい気持ちはあるけど、なるべくお金をかけたくない…

という方もいらっしゃると思います。



それなら、Audible(オーディブル)の聴き放題サービスを利用してはいかがでしょう。

Audibleとは?

Audible(オーディブル)とは、Amazonが提供するサービスで、プロのナレーターが小説やビジネス書を読み上げるオーディオブックのことです。


Audibleは活字を追う必要がなく、文字を読むのがあまり得意でない方でも楽々と読書ができるサービスです。



イヤホンで聞き流せば家事や通勤時間にも読書ができるため、忙しい社会人でも学びの時間を確保できます。




Audible聴き放題には30日間の無料期間が設けられており、入会後すぐに退会すれば、無料期間の30日間はそのまま利用可能です。



これから紹介する5冊は、全てAudible聴き放題の対象作品です(2023年11月現在)。



聴き放題へ入会後、すぐに退会して下記の5冊をライブラリーへ追加すれば、完全無料で読書ができます。




「読書はしたいけど、お金をかけたくない…」という方は、ぜひ試してみてください。




タップしてAudibleの30日間無料体験を始める





Audibleの聴き放題へ入会したら、「個人で稼ぐための学習」「独立するための学習」として、下記の5冊をライブラリーへ追加してください。

起業の勉強におすすめの本5冊

日常の隙間時間に、上記の5冊を繰り返し聴いてみてください。


これらの情報に繰り返し触れれば、あなたも着実に「個人で稼ぐ力」が身につけられますよ。

  • この記事を書いた人
ゆうたのプロフィール画像3

ゆうた@ブロガー兼Webライター

文章を書くのが得意な会社員ブロガー。文章だけで月収22万円を達成。個人の力だけで収益を上げる本質的なノウハウを発信。一児のパパ。

-個人で稼ぐ
-